ロゴ

Pediatric Orthodontics子どもの矯正

子どもの矯正について

小児の矯正治療(Ⅰ期治療)

矯正歯科治療とは、歯並びとかみ合わせの改善を目的とした治療です。永久歯が生えそろってからの矯正治療(Ⅱ期治療)は、歯をキレイに並べ、最終的なかみ合わせを作ることを目的にしています。

それに対して、乳歯がある時期から開始する矯正(Ⅰ期治療)は、あごの成長をコントロールして上下のあごのバランスを整えたり、あごの成長に悪い影響を与えるかみ合わせを治療します。

また、この時期からスタートすることによってブラケットを用いたⅡ期治療(全部の永久歯を並べるワイヤー治療)をスムーズに行うことができ、永久歯を抜かないで歯並びを整えられる可能性が高くなります。

子どもの悪い癖を改善

この時期のお子さんの治療の目的の一つは、顎の成長を邪魔する因子(悪い癖、上の前歯のがたつきなど)を除去し、自然な成長を引き出してあげることです。
不正咬合と呼ばれている歯のがたつきや出っ歯、受け口などの原因は、遺伝によることもありますが、ほとんどは悪い癖(悪習癖)によるものだと常々感じています。
悪習癖とは、舌の位置が悪い、舌の使い方が悪い、鼻が悪くて口呼吸がある、唇を噛む、爪や指を噛むなどです。これらの習癖にできるだけ早く気づき、早めに対応し改善してあげることで、歯並びが悪化していく循環をストップし、改善され、自然な成長を引き出せるのです。
当院では悪習癖を除去し、口の周りの筋肉の機能を改善するため、取り外し式の矯正装置を使用すると同時に、口の周りの筋肉トレーニングの指導も行っています。(筋機能訓練)

子どもの悪い癖を改善
子どもの癖が歯並びに及ぼす影響
指しゃぶり出っ歯、開咬
口呼吸出っ歯、開咬
歯ぎしりかみ合わせ
頬杖歯列弓の非対称、
一部の歯舌側転位

当院では一般治療も対応可能

当院ではこれから生えてくる永久歯の生える方向がレントゲンをみておかしい場合、早めに乳歯を抜いています。
タイミングよく乳歯を抜くと、永久歯の出てくる方向がいい方向へと誘導され、歯はきちんと並んできます。よって矯正をする必要がなくなるケースもあります。
これができるのも、当院では矯正の分野以外に一般治療の分野の知識ももって治療を行っているためで、大きなメリットとなっています。また、矯正のみ行っている医院と比べ、矯正医が見落としがちな虫歯をいち早く見つけ、治療することが可能です。

当院では一般治療も対応可能

子ども矯正はいつ頃始めるのが
ベスト?

症状によって異なりますが、「受け口(反対咬合)」のお子さんに関しては初めは喋り方、癖による原因のものが大きいので、3才くらいから気をつけ始め、治らない場合は5才くらいから矯正治療を行うと、あごを自然な良い成長へと引き出せます。

「出っ歯」「デコボコ(叢生)」「かみ合わせが深い(過蓋咬合)」のお子さんに関しては、5~6才(マウスピースを入れられる年齢であれば)からのスタートが後々の負担が少なく、理想です。けれども、矯正はいつスタートしても歯並びは治ります。
ただ、スタートが遅いとあごの成長を整えることができなくなるため、将来永久歯の抜歯をする可能性が高くなります。

子ども矯正はいつ頃始めるのがベスト?

小児矯正治療はなぜ重要?

たった1つの部分的に悪いところを放っておくこと(例えば前歯1本だけ内側に入って逆のかみ合わせになっている等)でその後に続く永久歯の生え方を悪くしたり、顎の自然な成長を阻害してしまったりするので、早めに簡単に済む治療はしておくことが後々大事の矯正治療(歯を抜歯するなど)に至らずに済みます。

平均的な治療期間

取り外し式の装置であごを矯正する期間は約1年~1年半。その後は永久歯に生え変わるまで経過観察します。

小児矯正の治療例

小児矯正で使用する装置

子どもの矯正治療では主に取り外し式の矯正装置を使用します。
本人の協力性に治療結果が左右されることがありますので、ご家族の方のお声がけも大切です。

ムーシールド

ムーシールドとは

早期(4~6才)の反対咬合を治す装置です。
受け口のお子さんに有効で、就寝時に口の中に入れて使用するマウスピースです。舌や口の周りの筋肉のバランスを整え、筋肉の力で歯を動かします。乳歯しか生えていない4歳ぐらいのお子さんから、受け口の治療をはじめていただけます。
当院では、既製品のムーシールドは使用せず、必ず一人一人オーダーメードで作ったものを使用します。それにより、良い治療効果を得られています。

適した症例

6才臼歯(第一大臼歯)が生える前から少し生えているぐらいまでの乳歯の反対咬合に適しています。

ムーシールド

拡大床

拡大床とは

就寝時に歯の裏側にピタッとはめる上下の歯列弓の幅を広げる装置です。
真ん中についているネジを週に1回、1回転していき、装置が少しずつ横に広がっていくことで歯が並ぶアーチを拡げていきます。前歯にがたつき(叢生)があり、並ぶスペースがない場合に有効で、使用していくうちに歯並びのがたつきが改善されていきます。およそ1年かけて拡げていきます。
軽度の叢生の場合この時期の治療のみで治療を完了することもあります。

適した症例

上下のあごの幅が狭く、前歯がガタついている症例(叢生)に適しています。

拡大床

マイオブレイス

マイオブレイスとは

前歯のかみ合わせが深い(過蓋咬合)、出っ歯感がある、前歯の生えてくる場所が足りない、噛む位置が安定しない、鼻が悪く口呼吸を治したい、など多くの症状の改善に有効です。
就寝時及び昼間1〜2時間(←これが重要!)口の中に入れて使用するマウスピースで、舌や口の周りの筋肉のバランスを整え、筋肉の力で歯を動かす装置です。
乳歯しか生えていない4歳ぐらいのお子さんからはじめていただけます。

適した症例

前歯のかみ合わせが深い症例(過蓋咬合)、出っ歯症例に適しています。

マイオブレイス

上顎前方牽引装置

上顎前方牽引装置とは

上あごを前へ動かすことによって受け口を治す治療に非常に有効です。
就寝時に使用し、およそ半年間使用し、その後経過観察します。受け口は小児期に治っても、身長がピークに伸びる頃(女子ではおよそ小6~中1、男子では中学から高校)に下あごが成長し、再び受け口になる場合がありますので、長い経過観察が必要です。ただ、小児期に一度受け口を治しておくことは、再び受け口になる可能性を減らし、上下のあごの自然な成長を引き出せるようになるのでとても大切です。

適した症例

受け口の症例に用います。

上顎前方牽引装置

前歯のマルチブラケット装置

前歯のマルチブラケット装置とは

いわゆる全ての永久歯を並べるワイヤー治療を前歯4本の永久歯だけ先に行い、前歯を並べておく部分治療です。前歯1本だけ後ろにある場合(交叉咬合)や、前歯の隙間を閉じたい場合、前歯だけのがたつきを整えたい場合などに使用します。
がたつきのある前歯が下あごの自然な成長を邪魔している場合がよくあります。早めに並べてあげれば出っ歯にならずに済む場合もありますし、その後の全ての永久歯を並べる治療(Ⅱ期治療)をしなくて済む場合もあります。

適した症例

前歯1本だけ後ろにある症例(交叉咬合)や、前歯の隙間症例(正中離開及び空隙歯列)、前歯のがたつき症例(叢生)に用います。

前歯のマルチブラケット装置

リンガルアーチ

リンガルアーチとは

奥歯が前へ移動しないように留めておき、側方の生えてくる永久歯の場所を確保する時などに用います。

適した症例

側方の生えてくる永久歯の場所を確保する際に用います。

リンガルアーチ

クラウンループ

クラウンループとは

乳歯が大きい虫歯が原因などで早めに抜けてしまい、そのあとの永久歯が生えてくるまで時間があいてしまうと、その開いた隙間に隣の歯が倒れてきて、歯が生える隙間が減り、がたついてしまうことがあります。
その予防として、この装置を装着することで歯が生えてくるまでの間の隙間を保つことができます。

適した症例

隣の歯が倒れてこないよう、歯が生えてくるまでの間の隙間を保つ際に用います。

クラウンループ

当院の小児矯正の特徴

矯正を始める時期について
ご相談ください

矯正を始める時期についての相談を親身になって考えます。
ずっと矯正をしたいと思い悩んで、なかなか治療に踏み込めずにいた患者さんが、実際に矯正をし終わった後、もっと早く決断をしておけばよかったということはよくあります。

子どもの治療でもタイミングよくやっておけば早く終わったのに、それを逃してしまい大事の治療になってしまう人もいます。お子さんには一人一人矯正をするベストなタイミングが違いますので、小児期の早めの時期に歯並びのことをご相談ください。

矯正を始める時期についての相談

当院で矯正治療を行うメリット

通常の矯正歯科だと紹介状を書いてもらい他院で治療することが多いですが、矯正中の虫歯治療、抜歯治療、審美治療も一つの病院で行うことができます。

また、当院は矯正のみ行っている医院と比べ、矯正医が見落としがちな虫歯をいち早く見つけ、治療することが可能です。

当院で矯正治療を行うメリット

矯正治療を勧めない場合も
あります

私たちが一番悲しいのは、矯正中もしくは矯正後のブラケットを外した際、虫歯になっていることです。
ブラケット装置はでこぼこしていますので、プラーク(歯垢)が付きやすく、ブラッシングをしっかりやらないと、すぐに虫歯になってしまいます。

子どもの矯正治療では、歯ブラシをするのが嫌いなお子さんや、本人が矯正をしたいのではなく親に言われて仕方なくやるというお子さんがいます。そういった場合には矯正治療を勧めない場合もあります。

子どもの矯正治療の流れ

  • お電話やWEBにて初診相談予約
  • 初診相談

    歯の状態を見て、治療を行うベストな時期、治療方法、期間、費用について説明します。
    気になっていること、分からない事は何でも聞いてください。

    初診相談
  • 精密検査

    診断と治療計画を立てるために以下の検査をします。

    1. 矯正用問診票の記載
    (本人が一番気にしているところ、治したいところ、治療の希望なども記入していただきます。)
    2. 歯と顔の写真を撮る。
    3. 歯や顎の骨のレントゲンを撮る。
    (パノラマ撮影、セファロ撮影、必要であればCT撮影)
    4. 歯型をとる。
    (光学3DスキャナーiTeroを採用、PC上に即座に再現)

    精密検査
  • 検査結果説明

    検査したものを元に分析し、一人一人の患者さんに最適な治療法をご説明します。
    診察台の傍らにはモニターを設置し、患者さんのお口の中の写真を写しながらご説明することで、分かりやすい治療の案内ができるように心がけています。似たようなケースがあればその写真やレントゲン写真もご提示させて頂きます。また具体的な費用、治療期間などもご提示いたします。
    矯正治療をスタートするか決断の時です。不安なこと、分からない事、疑問に思うことがありましたら、遠慮なく質問してください。

    検査結果説明
  • Ⅰ期治療開始(顎の治療)

    いよいよ矯正治療のスタートです。取り外し式の装置の場合は、お子さん本人の頑張りがもちろん必要ですが、ご家族の方のお声がけも非常に大切です。家族みんなでがんばっていきましょう。
    矯正装置での使用期間は症例にもよりますが、顎を動かす期間はおよそ1年から1年半です。その後はすべての永久歯への生え変わりや顎の成長を経過観察します。1~3か月に一度来院していただきます。

    装置装着または装置使用開始
  • Ⅰ期治療終了

    Ⅰ期治療を行ったことにより、永久歯がキレイに生える場所ができ、でこぼこが緩和され、上あごと下あごのバランスが整います。
    これで終了の場合もありますが、Ⅱ期治療ですべての永久歯をきちんと並べる治療をした方が、将来的に末永く歯並びもかみ合わせも安定するのでお勧めです。
    最終的な矯正を行ったキレイな歯並びはⅡ期治療で得られます。

    矯正終了 保定装置装着
所在地 〒192-0023
八王子市久保山町1-10スーパーアルプス3F
アクセス ・多摩大橋(多摩大橋通り)から車で約2分
・日野駅からバス日21「宇津木台東バス停」下車
  • 自動車多摩大橋(多摩大橋通り)から約6分
  • バスバ01「宇津木台中央バス停」下車 徒歩2分
    日21「宇津木台東バス停」下車 徒歩3分
    バ01「宇津木台南バス停」下車 徒歩3分
042-692-1184
診療時間
10:00~13:00
15:00~20:00

○15:00~20:30(木曜) ◉14:30~16:30(土曜)
▲9:00~13:00(日曜)
休診日:月曜、祝祭日、第2/4金曜